ツムラ59 治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)の効果効能と副作用

ツムラ59 治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)の効果効能

ツムラの治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)は、皮膚のただれやかさぶた、痒みなどをやわらげ、湿疹の治りを良くする作用があります。

分泌物の多い湿疹や、子供の顔や頭にできる湿疹に適しています。

治頭瘡一方の構成生薬は、皮膚病の病因を発散させる「防風」や「荊芥」、炎症をさまし排膿を促す「連翹」、皮膚の湿潤を乾燥させる「蒼朮」、さらに患部の血行をよくして湿疹の治りを助ける「川きゅう」や「紅花」、解毒作用のある「忍冬」、収斂作用の「大黄」、緩和作用のある「甘草」などが配合されています。

これらの生薬を組み合わせる事によって、体により良い効果をもたらします。

どちらかというと、子供向けの薬ですが、大人の湿疹にも使用出来ます。

成人の場合、1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に服用するようにします。

子供でも飲める安全な薬ではありますが、体力がない人や胃腸の弱い人などは慎重に用いるようにします。

飲み方はお湯に溶かしてゆったりとした気分で服用するようにします。

 

ツムラ59 治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)の副作用

ツムラ59 治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)という薬は、ただれ、かさぶた、痒みなどの皮膚症状をやわらげ、湿疹の治りを早くするのに用いられます。

特に、子供の顔や頭にできるものに適しています。

この治頭瘡一方には副作用が、個人差によって起こることがあります。

軽い症状ですが、胃の不快感、食欲不振、吐き気、腹痛、下痢、発疹、発赤、かゆみが主にあります。

このような症状がひどくなったり治りが悪い場合には、直ちに受診をして下さい。