ツムラ漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)エキス顆粒の効果効能と副作用

ツムラ漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)エキス顆粒の効果効能

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」は、めまいやふらつき、または動悸から来る頭痛や息切れ、めまい等の症状に用いられる漢方薬です。

漢方では、胃の中に水が溜まりすぎたり、尿量が少なく体液の量の調節がうまくいかず体内の水分の偏在が起こったりする症状を水毒と呼び、この水毒がめまいやふらつき、頭痛や動悸などをおこす大きな原因の一つと考えています。

この漢方薬の効果効能は、体力中等度以下での、めまいやふらつきの諸症からくる、立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏などの緩和に期待できます。

ツムラ漢方の苓桂朮甘湯の顆粒薬は、1包約1.9gです。15歳以上の成人が服用する場合は、1包を1日2回が適量ですので食前または食間に水またはお湯で飲みます。

年齢が低くなるほど用量を減らす必要がありますので、子供や幼児に服用させる場合には保護者の監視の下、指定された分量を服用させます。

尚、2歳未満の乳幼児には服用させてはいけません。

 

ツムラ漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)エキス顆粒の副作用

ツムラの苓桂朮甘湯は、冷え性で虚弱な人に処方される漢方薬で、めまいや立ちくらみ、小便が出にくい、動悸などの症状を緩和する働きがあります。

空腹時に服用をすることで、体内の水分の循環を促すことができます。

苓桂朮甘湯は、比較的安全性の高い医薬品ですが、体重の増加やむくみ、手足のしびれ、胃のむかつきなどの副作用が見られることがあります。

気になる症状が見られたら、服用を中断するようにして、医師に相談するようにして下さい。