ツムラ56 五淋散(ゴリンサン)の効果効能と副作用

ツムラ56 五淋散(ゴリンサン)の効果効能

五淋散(ゴリンサン)の五淋とは「石淋・気淋・膏淋・労淋・熱淋」の5つの尿路の病態を意味しており、五淋散はそれらの症状改善を目的として考案された漢方薬で、中国の宋代にその記録が残されています。

ツムラの五淋散(ゴリンサン)は尿路の熱や腫れを抑え、痛みを和らげ、尿の出を良くする薬です。

頻尿、排尿痛、残尿感などの排尿異常の症状に処方されます。

配合されているのは抗菌・利尿作用のある黄芩、茯苓、沢瀉と山梔子、緩和作用のある芍薬と甘草、鎮痛・鎮静効果のある当帰、補血・止血効果のある地黄、消炎・利尿作用のある車前子、木通及び滑石です。

副作用としては甘草が引き起こすむくみや尿量減少を症状とする偽アルドステロン症があります。

他に黄芩による空咳、発熱など症状を伴う間質性肺炎、地黄、当帰、山梔子などによる胃もたれや胃痛、吐き気などの胃腸障害などがあります。

又、黄芩や当帰は皮膚や粘膜の過敏反応による薬疹の原因となり、重症になると発熱や肝機能障害を起こします。

 

ツムラ56 五淋散(ゴリンサン)の副作用

ツムラ56 五淋散(ゴリンサン)は、尿路の熱や腫れ、痛みに対して効果があります。

頻尿、排尿痛、残尿感などの排尿異常に適応している漢方薬です。

しかし、五淋散(ゴリンサン)には副作用もあります。

個人差があり起こる場合があるのですが、具体的には胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢といった比較的軽いものや、重篤なものでは間質性肺炎も滅多にありませんが副作用として挙げられています。

服用中は、医師の管理下で適切に治療を進めて行くようにしましょう。