ツムラ55 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)の効果効能と副作用

ツムラ55 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)の効果効能

ツムラの麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)は、咳や喘息に効果を発揮します。

気管支を拡張する作用を生かして、咳や喘鳴を鎮めます。

また、去痰作用や熱や腫れを緩和させる作用により、呼吸器系統全体にわたっての改善効果が高まり、穏やかな状態を作ります。

重責発作の最中にある状況ですと、即効性をもって症状を悪化させずに落ち着かせるためには、ある程度の時間がかかることから、その他の吸入をはじめとする西洋医学分野の薬との併用や、単独での使用を選択する場合があります。

特に、交感神経を刺激するエフェドリン類を含んでいる薬との併用は慎重におこない、医師の判断を仰ぎます。

麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)は、体力があり、体の中に熱を溜め込み易いタイプの人に最も適しています。

服用は、食前または食間が適しています。

顆粒の場合、気管支を通過させるにあたってはむせることもありますので、白湯などと一緒に飲用することが望ましくもあります。

 

ツムラ55 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)の副作用

ツムラの麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)という漢方薬は、気管支を広げたり、痰を出しやすくして呼吸を楽にしてくれる作用があります。

そのために、ひどい咳や気管支喘息によく用いられています。

麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)には、胃の不快感、食欲不振、吐き気、軟便、下痢といった消化器系の副作用があります。

他にも、動悸、不眠、発汗過多、尿が出にくい、イライラ感もあると報告されています。

不調になったりおかしい症状を感じたら、すぐに処方した医師を受診して相談をして下さい。