漢方 連珠飲(レンジュイン)の効果効能と副作用

漢方 連珠飲(レンジュイン)の効果効能

連珠飲は江戸時代の名医が考案したもので、シモツトウとリョウケイジュカントウを組み合わせたものです。

体力が中程度以下の方で、胃腸の丈夫な方に向いている漢方薬です。

連珠飲の効果効能は更年期障害やむくみ、貧血、めまい、息切れ、腰痛、のぼせなどにおいて発揮されます。

女性ホルモンのバランスを整えてくれるので耳鳴り、倦怠感、冷え性、頭痛、頭重、皮膚の荒れ、動悸、便秘、不眠、肩や首のこり、ホットフラッシュといわれる顔のほてりなど更年期障害におけるあらゆる諸症状に対応します。

シモツトウは血流を増やして血の流れを良くてくれるので貧血に良い生薬です。

また、貧血の原因となる出血にも効果があり子宮出血、産後の出血、痔による出血、慢性的な貧血などにも処方されます。

一方リョウケイジュカントウは体のバランスを整えてくれます。

いわゆる水毒と呼ばれる症状に効果をあらわすので、たちくらみ、顔のむくみ、ふらつきなどに効き目があります。

 

漢方 連珠飲(レンジュイン)の副作用

連珠飲はめまいや貧血、更年期障害からくるむくみ、腰痛、のぼせなどに効能がみられる漢方薬です。

胃腸が弱い人で下痢などをしやすい方には用いることができません。

体質や症状にあっていない場合や西洋薬との併用、アレルギー体質などで不快な症状や副作用が出る場合があります。

漢方薬の使用にあたっては薬剤師や医師などの説明をよく理解した上で使用してください。

少しでもおかしいと感じたときは使用をやめて医師に相談してください。