漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)の効果効能と副作用

漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)の効果効能

漢方薬の一種「苓桂朮甘湯」は、めまいや立ちくらみ、耳鳴り、動悸など、日常生活で起こる何気ない症状の改善に効果効能があります。

漢方において、体内に余分な水が溜まって排出されない状態を「水毒」と言います。

たかが体に水が溜まっているだけの状態ですが、これによって前述のめまい、立ちくらみ、耳鳴り、動悸などといった症状を引き起こすのです。

苓桂朮甘湯は、体の中の余分な水分を排出して水毒を解消し、これらの不快な症状を改善します。

また、水毒によって頭痛が起こりやすくなり、精神の状態に異常を来たすことがあります。

そのため、この薬は神経症やノイローゼ、自律神経失調症などの治療にも用いられます。

この薬を投与する際は、成人の場合1日7.5グラムを2回から3回に分けて、食前または食間に経口投与します。

ここでいう「食間」とは、食事中のことではなく食事と食事の間のことを指します。

具体的には、食事後2時間経過した状態です。

 

漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)の副作用

苓桂朮甘湯はめまいやふらつき、動悸がある人の頭痛、息切れ、神経症などに用いられる漢方薬です。

皮膚に発疹や発赤、かゆみなどが出る副作用があります。

そういった反応が出た場合はすぐに服用をやめて医師や薬剤師に相談してください。

まれに重篤な症状としてむくみや血圧の上昇、手足のだるさ、しびれなどをある偽アルドステロン症やミオパチーなどが出ることもありますので、そういった症状になった場合もすぐに医師に相談して対処してください。