漢方 苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)の効果効能と副作用

漢方 苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)の効果効能

苓甘姜味辛夏仁湯は肺を暖めて痰を除く方剤ですが、熱や寒気、頭痛、関節痛といった症状が比較的軽度の場合の風邪で、痰の多い咳が出たり手足が冷えて疲れやすい時に使われたり、サラサラの鼻水が出るような花粉症に対しても効果効能があります。

他にも気管支炎や気管支喘息、肺気腫、アレルギー性鼻炎、心臓弁膜症、慢性腎炎にも使用されています。

7種類の生薬の組み合わせでできており、1字ずつとって苓甘姜味辛夏仁湯と名付けられました。

半夏、杏仁、五味子、細辛は咳や痰を取り除いてアレルギー症状を和らげ、茯苓は水分の循環を良くし、乾姜は健胃、強壮作用を持ち、緩和作用を持つ甘草があります。

胃腸が弱く、冷え症・貧血気味で虚弱体質な人に主に用いられますが、含まれている生薬の副作用として便秘を引き起こす場合があり、正常な便通の人には不適切となっています。

重い副作用は滅多にありませんが、体重増加や血圧上昇、手足の痺れといった初期症状に注意が必要となっています。

 

漢方 苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)の副作用

苓甘姜味辛夏仁湯は、7種類の生薬を用いており、咳を抑えたり、痰を切りやすくするものです。

このような作用から、主として気管支炎、気管支喘息等の治療に利用されます。

また、心臓が衰弱している場合、腎臓病などにも効果を示すものです。

なお、まれにですが、苓甘姜味辛夏仁湯に含まれる「甘草・カンゾウ」の大量摂取により、体のだるさ、血圧の上昇、体のむくみなどを発症する「偽アルドステロン症」と呼ばれる副作用が出る場合があります。

このような症状が出た場合や胃の不快感や食欲不振、軽度の吐き気などがある場合は、すぐに医師や薬剤師にご相談下さい。