ツムラ52 薏苡仁湯(ヨクイニントウ)の効果効能と副作用

ツムラ52 薏苡仁湯(ヨクイニントウ)の効果効能

ここではツムラで扱っている漢方薬の中でも薏苡仁湯(ヨクイニントウ)の効果や効能について解説したいと思います。

この漢方薬は主に冷え症でむくみが血の方で、関節や筋肉に痛みがある方に最適なものとなっています。

この漢方薬の特徴としては、体を温めることができるものですので結句をよくすることができ、余分な水分を排出することができますので、むくみや痛みをとることができます。

そのため関節痛や筋肉痛に効果があります。

この漢方薬を服用する方は体力が中程度ある方で、慢性的な関節の痛みがある方などに最適です。

服用の仕方は1日3回1パックずつ食前に飲むのがいいです。

しかし服用した時に吐き気や食欲の減退があるようなときには、食後に服用しても大丈夫です。

胃腸に負担をかけずに服用するために、粒をそのまま飲むのではなく、お湯に溶かして飲むようにしましょう。

急に症状が出るようならすぐに服用し、慢性なら3か月くらい継続して服用してください。

 

ツムラ52 薏苡仁湯(ヨクイニントウ)の副作用

ツムラ52 薏苡仁湯(ヨクイニントウ)には、薏苡仁のほかに当帰(トウキ)や麻黄(マオウ)なども含まれています。

そのため、当帰による副作用として薬疹(発疹や掻痒)、麻黄によるものとして心血管症状(動悸、不眠、神経症状)が現れる場合があります。

全体として、不眠、発汗過多、頻脈、動悸(どうき)、食欲不振、胃部の不快感などの症状が出る場合がありますので、胃腸が著しく弱っている場合には、服用を控えるのが望ましいです。