ツムラ51 潤腸湯(ジュンチョウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ51 潤腸湯(ジュンチョウトウ)の効果効能

ツムラでは潤腸湯(ジュンチョウトウ)という漢方薬の効能と服用の仕方について解説します。

この漢方薬は主に便秘に効果がある漢方薬となっています。

この漢方薬を服用することで便を柔らかくすることができますので、便通がよくなります。

この漢方薬を服用するのが言い方は、体力がそれなりにない方で、高齢の人の乾燥したコロコロ便を輩出する際に便利です。

こちらの漢方薬は強力なものですので、体力があまりにもない方はごく少量飲むかゆっくりと服用するようにしましょう。

服用するときは食前化食感に飲むのが最も適しており、お湯に溶かして飲むと胃腸に負担をかけることがないので安心です。

特にこの漢方薬は胃腸に負担がかかる漢方薬ですので、服用後に食欲がなくなったり吐き気を催すようでしたら、次回から食後に服用するようにするのがいいです。

ご自分の飲みやすい飲み方を選ぶことが最適な方法です。

また妊娠している方や授乳期の方はこの漢方薬の服用には注意が必要です。

 

ツムラ51 潤腸湯(ジュンチョウトウ)の副作用

全ての使用者に副作用が出る訳ではありませんが、ツムラの潤腸湯(ジュンチョウトウ)を使用された方の中には稀に、食欲がなくなったり、胃痛や胃の不快感、悪心、飲んだ直後の嘔吐、時間がたってからの嘔吐や腹痛、下痢等の症状(副作用)が出る方もいらっしゃいます。

これらの症状以外にも、飲んだ後に何かいつもと違うと感じた場合は、漢方薬の服用を止めて一度かかりつけの医師に、ご相談されることをお勧めさせて頂いています。