ツムラ50 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ50 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)の効果効能

ここでは荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)という漢方薬について、その効果効能や服用の仕方について解説を行います。

この漢方薬はツムラで扱われています。

基本的に蓄膿症や慢性鼻炎、ニキビなどの症状に対して服用すると効果がある漢方薬です。

これを服用することで体の熱や腫れを引くことができますので、服用後すぐに効果があります。

また病気の原因を体中に発散することができますし、血液循環をよくしますので、自然治癒力を高めることにつながります。

この漢方は体力がそれなりにあって、血行が悪い人に最適な漢方薬となっています。

具体的には蓄膿症や慢性的な鼻炎、たんが絡むような扁桃炎、炎症を伴うニキビなどの病気に効きます。

さらにそのような病気になりやすい方にも最適です。

この漢方薬はそのまま飲むと胃腸に負担をかけることがありますので、お湯に溶かして飲むといいです。

しかし下痢や嘔吐に悩んでいる方は落ち着いているときに飲むべきです。

 

ツムラ50 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)の副作用

ツムラの荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)の副作用としては、飲み始めに服用時のむかつきがあったり、食欲がなくなるなどの症状がある人がいますが、しだいに慣れることが多いようです。

まれに重篤な副作用として偽アルドステロン症や間質性肺炎、肝臓の重い症状などがありますので、これらの疾患の初期症状として、だるさや血圧の上昇、むくみ、手足のしびれや痛み、筋肉のぴくつき、から咳や発熱、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状があるときは注意して医師に連絡が必要です。