ツムラ48 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)の効果効能と副作用

ツムラ48 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)の効果効能

十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)はツムラの漢方薬の1つです。

十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)の効能と言うのは、消耗性疾患を初め病後の体力低下や疲労倦怠感、神経衰弱、食欲不振、貧血や足の冷え、寝汗、胃腸虚弱や胃下垂などに効果が有ると言います。

適応症としては、消耗性疾患や低血圧、疲れやすい症状などに対しての効果を持ち、体力、血液を補うことが出来る代表的な漢方薬と言います。

尚、この漢方薬には幾つかの副作用が起きることが有ります。

主な副作用と言うのは、発疹やかゆみ、下痢や食欲不振、胃部不快感と言った症状が現れることが有ると言います。

そのため、漢方薬と言っても利用する場合には薬剤師の説明を聞いたり、漢方薬に添付されている説明文をよく読んだ上で利用する事が大切です。

また、服用する事で身体に変化が起きた時、なんかおかしいと感じた時は服用を中止し、漢方薬の専門家や薬剤師や医師などに相談をする事が大切です。

 

ツムラ48 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)の副作用

ツムラの十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)は、冷え症や貧血気味、疲労衰弱の時に用いられ、体力と気力を回復させる漢方薬として知られています。

人によっては、服用する事で胃の不快感や食欲不振、吐き気、下痢、発疹、発赤、かゆみ などの症状が出る場合があります。

また他の薬と長期併用する事で、体のだるさや血圧上昇が現れる「偽アルドステロン症」や酷い倦怠感、皮膚や白目が黄色くなるといった症状に悩まされる肝障害を引き起こす事もあります。

滅多にない事ですが、もし体の異変を感じた場合は、すぐに服用を中止しなければいけません。