ツムラ47 釣藤散(チョウトウサン)の効果効能と副作用

ツムラ47 釣藤散(チョウトウサン)の効果効能

ツムラでは釣藤散(チョウトウサン)という漢方薬を扱っています。

ここでは漢方の知識を広めるために、釣藤散(チョウトウサン)の効果効能や服用の仕方について解説します。

この漢方薬は頭痛を和らげることができる漢方として有名です。

中年以降の方で慢性的な頭痛を感じていたり、頭が重いように感じるという方は、こちらの漢方を服用することで、楽になることができます。

特に起床時から午前中にかけて非常に頭が痛くなるという方はこちらの漢方が役に立ちます。

そのほかにも高齢に伴う高血圧や動脈硬化というような生活習慣病防ぐことができますし、それらに伴う諸症状、頭痛。

めまい・耳鳴り・肩こりなどにも用います。

この漢方は病院でも利用されているものなので、安心して利用することができます。

漢方薬は通常食前化食間に服用することが効果的です。

粒で飲むのが苦手という方は、お湯で溶かしてから落ち着いた気分で飲むと吸収しやすいのでいいです。

 

ツムラ47 釣藤散(チョウトウサン)の副作用

釣藤散(チョウトウサン)とはツムラの漢方薬の中の一つで頭痛を和らげる効果があります。

中年以降の方の慢性的な症状に適応しますが、人によっては服用した時にむかついたり、食欲がなくなってしまう場合もあります。

その症状は慣れていく場合が多いですが、症状が辛い場合は医師に相談していただくことも大切です。

また、重い副作用としては血圧が上昇しだるくなったり、むくんでしまったり体重が増加する場合もあります。

めったにない症状ですが、初期の症状は気をつけていただくことをおすすめします。