ツムラ1 葛根湯(カッコントウ)の効果効能と副作用

葛根湯(カッコントウ)の効果効能

ツムラ1 葛根湯(カッコントウ)は肩こり、筋肉痛、頭痛、寒気、首筋のこわばり、風邪のひきはじめの症状に効果がり、風邪の症状が多くなる冬場、空気の乾燥が始まる秋ごろに多く買われる方が多いです。

肩こりの症状はスマートフォンなどの普及で、お子様から大人まで症状を訴える方が増えており、様々な肩こり防止の薬や湿布、クリームなどの商品が出ていますが、漢方でできているため、体への負担が低く、体の内部からコリを改善させる効果があります。

葛根湯は漢方の一つで、桂枝、芍薬、生姜、大棗、甘草の基本方剤である桂枝湯に葛根と黄王を加えたもので、発汗作用が強くなる効果があり、鎮痛作用もあるため、喉の痛みや肩こりからくる頭痛などの痛みを和らげる効果がある漢方で、このエキスを抽出したエキスから、飲みやすく小さなお子様でも飲める様な成分を入れて作られているもので、液体、顆粒タイプなど好みによって飲みやすい製品を選ぶ事ができます。

 

葛根湯(カッコントウ)の副作用

ツムラ製品番号1「葛根湯(カッコントウ)」の副作用には、だるく手足に力が入らない・尿量の減少・血圧の上昇・ふるえ、などの偽アルドステロン症と呼ばれるものと、だるさ・発疹・発熱・皮膚や白目が黄色くなる、といった肝機能障害に原因があるものがあります。

重い症状になる事は滅多にありませんが、上記のような初期症状から稀に強い吐き気やひどい倦怠感などに繋がる事もありますので、異常を感じたら医師にご相談ください。