ツムラ41 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)の効果効能と副作用

ツムラ41 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)の効果効能

ツムラの補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は、消化機能の低下や筋肉の緊張低下の症状に対して使われる漢方薬です。

体の筋肉の緊張による症状である、胃下垂・子宮下垂・腎下垂・脱肛などの下垂症状を改善させる効果があります。

体調を崩しやすい人にも使えるのが特徴で、術後・産後・病後などの時にも用いられます。

虚弱体質を改善させる効能もあります。

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は加齢に伴う体力の低下などにも使え、倦怠感や食欲不振からくる栄養状態の悪さを回復させてくれます。

栄養状態が良くなることで精神状態も安定し、免疫力もアップします。

漢方ではどこか体のバランスが崩れている状態を病気の状態と呼びますが、それを悪化させてしまう心身の機能低下を回復させてくれるのがこの漢方薬です。

漢方では生体がもともと持っている機能を補う薬のことを補剤と呼びますが、その一つです。

他にも補剤はあり、体質や症状によって処方が異なります。

 

ツムラ41 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)の副作用

ツムラの補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は文字通り、中(胃腸)を補って気を益すとされ、胃腸の改善のほか、全体的に低下した体力を補いたい場合にも用いられます。

特に一つの症状というわけではなく体全体の調子を上向きにさせる漢方薬です。

激しい副作用というものはあまりありませんが、漢方薬の特徴として甘草が含まれるものが多く、過剰摂取には注意が必要です。

また、薬ですので多種や多量を服用すると肝臓に負担をかけて機能の低下を招きますし、薬疹が出ることもあります。

補中益気湯には間質性肺炎を起こす危険性が示唆されており、飲み始めてから咳や痰、発熱が気になるようになった場合はすぐに医師に相談する必要があります。