ツムラ38 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ38 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)の効果効能

ツムラの38番当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)は、手足が冷えやすく、足が冷えることによって足や下腹部が痛くなりやすい方におすすめの漢方薬です。

身体を温めて筋肉の緊張を和らげるとともに痛みを取るのが特徴となっています。

効能は、手足の冷えを感じ、下肢が冷えることで下肢や下腹部が痛くなりやすい方に使え、しもやけや下腹部痛や腰痛、そして頭痛にも効果があります。

服用期間は、急性疾患の場合は症状が続く間服用し続けます。

慢性疾患の場合は2から3カ月を目安に服用を続けます。

飲み方は、1パックずつを1日3回水かぬるま湯で食前に服用します。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)の効果的な飲み方は、100mlの熱湯に1パック溶かして飲むとより体を温めることができ、効果も期待できます。

漢方薬は飲み合わせや食べ合わせに気を付けなければならない為、医師や薬剤師の指導に従って服用することが大切です。

 

ツムラ38 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)の副作用

ツムラの当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)の重い副作用は、まずありませんが、偽アルドステロン症といって、だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれや痛み、筋肉が震えたりびくつく、力が入らない、低カリウム血症などが見られることもあります。

その他の軽いものとしては、胃の不快感や食欲不振、吐き気、下痢、かゆみ、発疹、発赤、肝機能数値の異常などが挙げられます。

むかつきなどは次第に慣れることも多いようです。