ツムラ37 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)の効果効能と副作用

ツムラ37 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)の効果効能

ツムラの半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)はめまいや頭痛に効果のある漢方薬です。

この漢方薬の中には、半夏(ハンゲ)・白朮(ビャクジュツ)・茯苓(ブクリョウ)・沢瀉(タクシャ)・天麻(テンマ)・人参(ニンジン)、黄耆(オウギ)・乾姜(カンキョウ)・陳皮(チンピ)・黄柏(オウバク)・麦芽(バクガ)・生姜(ショウキョウ)の生薬によって作られています。

漢方の観点ではめまいや頭痛は、体の水分の循環が悪いことで起こるとされ、利尿作用のある白朮や茯苓、沢瀉を配合することにより体の水分調整を行い正常な状態に導きます。

天麻はめまいや頭痛に効果を発揮してくれる生薬で、半夏はめまいや頭痛で伴う吐き気や嘔吐などを症状を抑える効果がある生薬です。

その他の人参・黄耆・陳皮・黄柏・麦芽・生姜は滋養強壮や胃に効果のある生薬です。

この漢方薬では胃腸虚弱による下肢の冷えやめまい、頭痛に効果を発揮してくれる漢方薬です。

 

ツムラ37 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)の副作用

ツムラの半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)は、めまいや頭痛、頭重感、吐き気や嘔吐、手足の冷えなどの症状を改善させる薬として知られています。

ただし服用する事で、人によって副作用を引き起こす場合もあります。

代表的な症状に胃の不快感、食欲不振、軽い吐き気、発疹、発赤、かゆみなどが報告されています。

これらは重篤な副作用ではなく、次第に慣れてくるケースが多いですが、辛い場合は無理せず医師に相談する事も大切です。