ツムラ34 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)の効果効能と副作用

ツムラ34 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)の効果効能

ツムラから飲みやすい顆粒タイプで販売されている漢方薬のうち、皮膚のかゆみに効果のあるものがいくつありますが、皮膚科なっどでも漢方薬は処方されているので実際に服用している人の中にはいくつかの薬の名前を言える人もいると思います。

その中でも白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)は皮膚のかゆみを抑えてくれる効果があります。

肌のかゆみや、そこからくるほてりは患者さんにとって耐えるのに精神力を要する過酷なものです。

白虎加人参湯はその症状をしずめてくれるので、かゆみにもたえやすくなります。

皮膚疾患からくるかゆいだけではなく、糖尿病の症状としてのかゆみにも有効だとされています。

皮膚のかゆみ以外では日射病の治療にも使用されることで知られています。

日射病は適切な治療をしないと後遺症が出ることもあるので軽く見てはいけない症状です。

この漢方を活用することで早めに治してしまいたいものですね。

喉の渇きにも効果的です。

 

ツムラ34 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)の副作用

ツムラが販売している白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)は顆粒剤の医療用漢方薬で、市販の一般薬よりも濃度が高く製造されています。

主な副作用には発疹や蕁麻疹、かゆみなどの過敏症や、胃の不快感と食欲不振、腹痛や下痢があります。

胃腸の弱い体質だと症状が強く出る可能性があります。

重い副作用としては、手足の痺れやひきつれ、筋肉の痙攣などが起こる偽アルドステロン症があり、症状が現れたらすぐに医師の診察を受けましょう。