ツムラ32 人参湯(ニンジントウ)の効果効能と副作用

ツムラ32 人参湯(ニンジントウ)の効果効能

ツムラの漢方薬には、人参湯(ニンジントウ)というものがあります。

医療機関でも、処方されることがあるので、ご存知の方も多いでしょう。

これは、多くの方が悩んでいる、胃や腸の不調や、食欲不振、胃もたれにも効果があります。

また、虚弱体質の方や悪阻(つわり)にも効果を示しており多くの方に効果があります。

日本人は特に、消化器系が弱いと言われており、家庭に常備薬として置いておくのも良いかもしれません。

しかし、漢方薬にも、副作用があることを忘れてはなりません。

全ての人が生じるわけではありませんが、稀に手のしびれや、発疹、痒み、血圧の上昇等がありますので、長期間にわたり、服用する場合や、持病がある方は医師に相談することを推奨します。

服用方法ですが、食前もしくは、食間にお湯で溶かして飲むことをお勧めします。

体の冷えを解消する働きもある漢方薬であり、代謝を上げ、健康的な生活をサポートする薬として今後も、医療機関において脚光を浴び続けるでしょう。

 

ツムラ32 人参湯(ニンジントウ)の副作用

ツムラの漢方薬、人参湯(ニンジントウ)について解説します。

人参湯(ニンジントウ)は、虚弱体質で、手足が冷えやすい方で、胃腸、下痢、嘔吐等の消化器系の不調に効くとされています。

体を温め、代謝を上げることで多くの方に服用されています。

また、漢方薬にも稀に副作用が生じることもあります。

血圧の上昇、手足のしびれ、だるさ等があります。

特に、長期間服用される方は医師に相談することを推奨します。

古くから使われている、優れた漢方薬です。

正しい用法で服用することで安全により良い効果が期待できます。