生薬 竜胆(リュウタン)の効果効能と副作用

生薬 竜胆(リュウタン)の効果効能

生薬の竜胆(リュウタン)の効果効能を紹介します。

竜胆瀉肝湯という商品があり、尿路や生殖器の炎症に対して広く用いられています。

尿の出を良くする効果効能があるのですが、この薬が適用されてる人は、比較的、体力がある人で、冷えのない場合に向いているとされています。

具体的な症状では、排尿痛、残尿感、頻尿、陰部の痒みなどに処方されます。

そのような症状をともなう疾患では、尿道炎、膀胱炎、膣炎、子宮内膜症などにも用いられています。

竜胆(リュウタン)は単独ではく複数の成分を持っている生薬と配合されて販売されており、相乗効果があって尿路や生殖器の病気から来る症状を鎮める効果効能があります。

なお、この薬を処方してもらう場合ですが、芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬と併用する場合には、偽アルドステロン症の副作用が起こる危険性がある場合もあるので、より確かな漢方の専門医に相談して処方してもらうことが必要だとされています。

 

生薬 竜胆(リュウタン)の副作用

生薬の竜胆(リュウタン)には、副作用が起こる場合があります。

重大な副作用としては、むくみ、体重増加、血圧上昇などの症状が起こることがあります。

脱力感や手足のけいれんも起こることがあります。

肝機能数値の著しい上昇が現れて、黄疸になることもあります。

頻度は少ないものの起こりうる重篤な副作用です。

重篤ではない副作用としては、食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢がありますが、不調が起こった場合にはかかりつけ医への受診をするのが望ましいと言えます。