ツムラ21 小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ21 小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)の効果効能

ツムラ21 小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)は体力が中等度の方に処方される漢方薬です。
漢方薬は自然の草や木から取れる生薬の組み合わせでできており、吐き気を抑える「半夏(ハンゲ)」と「生姜(ショウキョウ)」、余分な水分を取り除く「茯苓(ブクリョウ)」の生薬からなり、この3種が働くことで効果を発揮します。

服用は食前若しくは空腹時に顆粒をお湯に溶かして飲むことが効果的です。

小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)は吐き気、嘔吐に効果があります。

医師の診察により必要とされれば、妊娠初期の女性でも漢方薬であれば服用することができるため、つわりの軽減にも処方されることがあります。

生姜の味により吐き気が抑えられ、食欲増進も期待できます。

その他にも急性胃腸炎、湿性胸膜炎、水腫性脚気、蓄膿症などの吐き気、嘔吐にも効果があります。

基本的には漢方薬の副作用は少ないのですが、人によっては副作用が現れることもありますので、その際は医師と相談して下さい。

 

ツムラ21 小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)の副作用

ツムラの小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)は、吐き気や嘔吐をおさえる漢方薬として知られています。

妊娠中の悪阻などの改善にも使われる事があるのですが、人によっては服用する事で、胃の不快感や食欲不振、軽い吐き気などの副作用を引き起こす場合もあります。

れほど重篤な副作用ではなく、続けていく中で薬に慣れる事も多いですが、辛い時には医師に相談し、自分に適した薬を処方してもらう事も1つの案です。