生薬 無水芒硝 (無水ボウショウ)の効果効能と副作用

生薬 無水芒硝 (無水ボウショウ)の効果効能

無水芒硝 (無水ボウショウ)は無水性の硫酸ナトリウムです。

漢方薬に使われるのは天然の含水硫酸ナトリウム十水和物または風化硝です。

芒硝は色々な別名があり、朴硝、玄明粉、風化硝、風化朴硝、皮硝とも呼ばれています。

ナトリウム塩またはマグネシウム塩になっているものもあります。

神農本草経や名医別録では上品(不老長生薬)に分類されています。

薬効は熱を冷ます性質が大変強く、緩下作用、瀉下作用、利尿作用、血液凝固抑制作用などがあります。

元々は急性熱性疾患に用いる処方ですが、緩下、消化、利尿剤として頑固な便秘の改善などの慢性疾患に使われます。

芒硝を含む漢方薬には「○○承気湯」と名前がつくものが多いのが特長です。

解熱作用を増強するため大黄と共に配合されることが多く、大承気湯、大黄牡丹皮湯、調胃承気湯が代表です。

外用薬としては咽痛、口瘡を治療する氷硼散、咽喉の疾病を治療する西瓜霜があります。

また、乳腺炎の治療には、芒硝の湿布が用いられるが妊娠中の婦人には禁忌なので注意が必要です。

 

生薬 無水芒硝 (無水ボウショウ)の副作用

無水芒硝 (無水ボウショウ)は無水性の天然含水硫酸ナトリウムです。

主成分も含水硫酸ナトリウムです。

利尿作用や血液凝固抑制作用などの効能がある生薬です。

無水芒硝 (無水ボウショウ)の副作用として腹痛や下痢などがあらわれることがありますので胃腸虚弱な人は慎重に投与してください。

妊婦の方や妊娠している可能性のある婦人の方には投与しないことが望ましいです。

投与すると子宮収縮作用によって流早産の危険性があります。