生薬 半夏(ハンゲ)の効果効能と副作用

生薬 半夏(ハンゲ)の効果効能

半夏(ハンゲ)とは、サトイモ科のカラスビシャクという植物から作られる生薬です。

カラスビシャクは、根茎部分が球状の塊になるのですが、この部分の外皮を取り除き、乾燥させたものが半夏です。

漢方医学では、吐き気や咳、のぼせといった症状の原因が、胃腸機能の低下にあるという見方をする場合があります。

半夏は、そうしたケースにおいて、処方されることが多い生薬です。

つまり、胃腸機能の弱い方の、去痰・鎮吐・鎮咳・鎮静に効果的とされているのです。

サポニンを多く含むことから、特に去痰作用が優れているといえるでしょう。

咳や痰といった症状以外にも、腹部の膨満感や食欲不振から、ヒステリーやうつ症状などの神経症にも処方されます。

半夏を配合した漢方薬としては、半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)が有名です。

半夏以外に、生姜(ショウキョウ、いわゆるショウガ)や厚朴(コウボク、モクレン科のホオノキの樹皮)などが入っており、特に身体を温め、停滞していた代謝を促進することで、上記の諸症状に向いた漢方です。

 

生薬 半夏(ハンゲ)の副作用

半夏(ハンゲ)とは、サトイモの根茎を乾燥させたもので、制吐作用・和胃止嘔・燥湿去痰などをもっています。

この生薬の副作用や使用する際の注意点としては、半夏の性質が辛燥であることからおきる咽乾・舌のしびれがあります。

生の半夏の場合はさらに激しい症状があらわれ、咽喉の刺激・舌の腫脹・失声・嗄声などの中毒症状が発生するので注意が必要です。

また、陰虚・熱証・出血・肺燥で痰が喀出しにくいときなどにも注意が必要です。