ツムラ19 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ19 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)の効果効能

ツムラから発売されている、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)はさまざまな場面で処方されます。

主な処方される場面としては上~下気道の炎症がある場合や、花粉症がある場合に対してです。

もちろんそのほかさまざまなケースで処方される薬です。

しかし、どのようにこの漢方がアレルギーに対して、近年わかってきております。

小青竜湯には、アレルギー性の反応を和らげるような効果が含まれております。

そのため、アレルギーの病気である花粉症には十分使えことができます。

ただし、効果はどうしても即効性があるというわけではなく、実際に効果が出始めるのは何日か時間はかかってしますのが難点です。

しかし、一般的に抗アレルギー薬の場合、副作用として眠気、頭痛、眩暈等があげられますが、小青竜湯の場合、ほとんど副作用が出る事はありません。

もし、アレルギーの薬に副作用が強く、アレルギーの薬が使いがたいという人には使い安い漢方です。

 

ツムラ19 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)の副作用

ツムラの小青竜湯(ショウセイリュウトウ)と言えば、漢方で花粉症の薬として処方されています。

花粉症と言っても妊婦さんや授乳中など、飲む薬に制限のある女性に対して処方される場合が多いので、安心して飲める薬です。

しかし、この小青竜湯(ショウセイリュウトウ)にも副作用があり、皮膚には発疹やかゆみが出る場合があったり、吐き気がある場合があります。

また、息切れや発熱などの酷い副作用もあります。

その症状が出た場合には、すぐに病院に行きましょう。