生薬 天門冬(テンモンドウ)の効果効能と副作用

生薬 天門冬(テンモンドウ)の効果効能

中国で古くから伝わる漢方薬に天門冬(テンモンドウ)というものがあります。

これは、ゆり科の植物の根の部分を乾燥させて作られた生薬です。

咳を鎮める作用や、利尿作用、通便作用があり、強壮薬として使われています。

天門冬(テンモンドウ)は、干した根を蜂蜜で、1~2ヶ月漬けた後、1日に2~3個食べるという方法が知られていますが、最近では顆粒タイプが多く出回っています。

医療機関でも、この顆粒タイプが使われることがよくあります。

この薬は中国では抗がんの薬草としても使われているそうで、様々な病気に効果が期待できます。

漢方薬にも副作用があり、持病がある方は事前に医師への相談が推奨されています。

また、血圧の上昇、動悸、吐き気、食欲不振などの副作用も稀ですが起こる可能性があります。

日頃と変わった点や心配な点がある場合は、薬剤師や医師に相談する必要があります。

良いお薬ですが、より安全にご使用頂けるように注意事項を守ってご使用ください。

 

生薬 天門冬(テンモンドウ)の副作用

中国で古くから伝わる漢方薬には、天門冬(テンモンドウ)というものがあります。

これは、鎮咳、利尿、抗菌、強壮薬として使われています。

また、中国では、抗がん薬としても使われている優れた生薬です。

日本でも、薬局や通販、医療機関でも使われており、安全が認められている漢方薬です。

しかし、漢方薬にも稀に副作用を起こすケースがあります。

全ての方に起こるわけではありませんが、下痢や嘔吐、食欲不振等、普段と違う変化がある

場合は、医師に相談する必要があります。