生薬 釣藤鈎(チョウトウコウ)の効果効能と副作用

生薬 釣藤鈎(チョウトウコウ)の効果効能

釣藤鈎(チョウトウコウ)は、漢方に用いられる生薬(しょうやく)のひとつで、アカネ科カギカズラの鉤刺のある茎枝です。

中国南部、日本では関東以西の山地に自生するつる性木本で、形が釣り針のように曲がっていることから名づけられました。

主な成分は、リンコフィリン、イソリンコフィリン、ジヒドロコリナンテイン、コリノキセイン、イソコリノキセインなどのアルカロイド類です。

薬理作用としては、腸管血流量増加作用、血圧効果作用、中枢作用、認知機能改善、抹消神経系の作用、抗セロと任作用、脂質酸化抑制作用があげられます。

釣藤鈎は鎮静作用、鎮痙作用、解熱作用があり、頭痛やめまいを伴う高血圧、小児のひきつけなどに副作用のない抗炎症剤としての効能を持つと考えられています。

釣藤鈎の含まれる生薬としては、七物降下湯(シチモツコウカトウ)や 釣藤散(チョウトウサン)、抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)などがあります。

 

生薬 釣藤鈎(チョウトウコウ)の副作用

釣藤鈎(チョウトウコウ)は慢性的な頭痛やめまい、高血圧などに効果がある漢方薬です。

副作用としては、食前に服用する事で食欲不振や胃のむかつきを感じる場合がありますが、服用を続けている内に症状が減少していく事が大半です。

もし症状が重かったり辛いと感じる時は医師に相談しましょう。

稀に発生する重い副作用としては偽アルドステロン症があり、体のむくみや手足のしびれ、血圧上昇の症状があり、すぐに医師に判断を仰ぐ必要があります。