ツムラ17 五苓散(ゴレイサン)の効果効能と副作用

ツムラ17 五苓散(ゴレイサン)の効果効能

ツムラから出ています五苓散(ゴレイサン)は、漢方薬の中でも、体のむくみを取る部類のものといわれています。

そのため、健康な人であっても、よく二日酔いの翌日のむくみを予防するために服用する、と言う人もいます。

この五苓散は、さまざまな疾患でも良く用いられますが、全身状態が水分が貯留(むくみ)してしまったために引き起こされる、と考えられている病態に対して用いられます。

これは、特に民間療法的な位置の薬ではなく、腎臓の水分調節のアクアポリンといわれるレセプターに五苓散が作用することで、水を外に外に追いやるということがわかっています。

そのため十分むくみを取る作用は期待できます。

そのうちしばしばみられる処方方法に、めまいに対して処方されることがあります。

めまいは、さまざまな原因で引き起こされますが、水のバランスが過多になった際に起こりやすいとも言われます。

そのため、一般的なめまいの過多によく処方されます。

代表的なめまいとして、メニエール病があげられますが、これは内リンパの水過多によって引き起こされる病態です。

五苓散は十分効果が期待できます。

 

ツムラ17 五苓散(ゴレイサン)の副作用

ツムラ五苓散(ゴレイサン)は、嘔吐や下痢、むくみや二日酔いに効果のある漢方薬です。

体内に停滞している余分な水分を排泄する利尿剤の役割があり、むくみや二日酔いには大変嬉しい効能を持っているのです。

名前の通り五種類の生薬から成っています。

そして、主な副作用として、発疹やかゆみ、胃部不快感や食欲不振などが報告されています。

その他、気になる症状が現れた際は、医師もしくは薬剤師に相談されることをお勧めします。