ツムラ15 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の効果効能と副作用

ツムラ15 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の効果効能

体内の機能が活発になり過ぎた場合、体のほてり、イライラ、鼻血、高血圧、不眠症、めまいなどの症状が生じることがあります。

これらの症状を抑えるための漢方薬として黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)があります。

これは、漢方の原点である「外台秘要方(ゲダイヒヨウホウ)」にも記載されています。

これには黄連(オウレン)、黄芩(オウゴン)、黄柏(オウバク)、山梔子(サンシシ)の4つの生薬が含まれています。

これら4つの生薬には、体を冷やす作用があります。

ですから、熱や炎症のない人や胃腸の弱っている人、体力の衰えている人などに対する処方については、慎重に行うことが大切です。

黄連解毒湯には、冒頭で挙げた症状のほかに、皮膚炎や皮膚のかゆみ、二日酔いの予防にも効果があります。

お酒を飲むときに、あらかじめ服用しておくとアルコールの代謝が活発になり、アルコールの熱を冷ますのです。

『ツムラ漢方黄連解毒湯エキス顆粒』は、黄連解毒湯から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。

 

ツムラ15 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の副作用

ツムラの黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)は、二日酔いや胃炎に効果が期待できる漢方薬です。

なお、服用の際には副作用に気をつける必要があります。

副作用としては、間質性肺炎、肝機能障害、腸間膜静脈硬化症といった症状が挙げられています。

服用後、何らかの症状が現れた場合には、速やかに服用をやめて、医師を受診するようにしましょう。

特に腸間膜静脈硬化症は、長期間の服用で現れやすい副作用なので、長期間服用している方は、要注意です。