ツムラ14 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)の効果効能と副作用

ツムラ14 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)の効果効能

ツムラの半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)は、半夏(ハンゲ)という生薬を中心とした、7つの生薬からできています。

その他の生薬は、黄ごん、黄連、人参、乾姜、大棗、甘草です。

主に、急性・慢性胃腸炎による消化不良、食欲不振、悪心、嘔吐、みぞおちがつかえた感じ、胸やけ、げっぷなどに効果があります。

また、下痢や軟便、お腹がゴロゴロ鳴る、などという症状にも効果があります。

半夏には、吐き気を抑えるという効果があります。

また、みぞおちのつかえるような感じの改善には、黄ごんと黄連、人参が効きます。

黄ごんと黄連には、炎症を抑える効果もあるため、胃炎に効果があります。

その他の成分には、胃に溜まった余計な水分の排出を促し、お腹のゴロゴロ鳴る感じや、下痢などの症状を緩和する働きがあります。

それから、半夏にはストレスにより乱れた自律神経を安定させるという効果があるので、神経性胃炎などの、ストレスからくる胃腸の症状にも効果があります。

 

ツムラ14 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)の副作用

ツムラの半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)は食欲不振や胃の不快感などに使われる漢方薬ですが、胃の不快な症状がより強い場合に処方されます。

主に嘔吐や悪心が酷い場合や胃もたれ、膨満感が酷い場合などに使われます。

基本的には胃薬のようなものですが、胃腸に作用するため、場合によっては症状を悪化させる場合があります。

また片頭痛のように脳神経から胃の不快感が来ている場合は効果がありません。

主な副作用は腹部の膨満感・吐き気・嘔吐・消化不良や食欲減退、胃の周辺の苦しさといったものになります。

やはり漢方薬ですので配合されている甘草の過剰摂取に注意が必要であり、肝臓機能低下や薬疹への注意も必要となります。