ツムラ11 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ11 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)の効果効能

ツムラの柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)には、感冒や心臓衰弱、胸部疾患や肝臓病などにより体力が衰弱した方の体力増強、貧血症や神経衰弱、不眠症や更年期神経症などに用いられる漢方薬です。

配合されている生薬は柴胡(サイコ)・桂皮(ケイヒ)・乾姜(カンキョウ)・黄ごん(オウゴン)・牡蛎(ボレイ)・括楼根(カロコン)・甘草(カンゾウ)です。

柴胡には解熱・鎮痛・消炎の効果があり、黄ごんには消炎・解熱効果があり、組み合わせることで更に炎症を鎮める効果が期待できます。

桂皮には解熱効果、乾姜には健胃・下痢・冷え症などの効果がある生薬で体を温める効果も期待できることから体力を補う効果があります。

また、牡蛎には不眠・動悸・消腫、括楼根は鎮咳・去痰、甘草は緩和・鎮痛効果があり、心を落ち着かせ不眠症や神経の疲れなどの緩和などに力を発揮してくれます。

様々な症状により疲れた体や心を癒す効果も期待できる漢方薬です。

 

ツムラ11 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)の副作用

ツムラの柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)は、心と体をおだやかにする漢方薬として知られており、風邪をこじらせ微熱や頭痛が続く時や更年期障害、神経症や不眠症などに効果を発揮します。

ただし人によっては副作用が生じる事もあり、代表的な症状として胃の不快感や食欲不振、吐き気、発疹、肝機能の異常が挙げられます。

また非常に稀ですが、偽アルドステロン症や間質性肺炎などの重篤な副作用が引き起こされるケースもあります。

体のだるさや息苦しさ、手足のしびれなどを感じた場合は、ただちに服用を中止する必要があります。