生薬 桔梗(キキョウ)の効果効能と副作用

生薬 桔梗(キキョウ)の効果効能

桔梗(キキョウ)とは、日本、朝鮮半島、中国や東シベリアに分布するキキョウ科の多年性の植物です。

山野の日当りの良い場所に育ち、園芸品種では白色や桃色の花をつけるものや、二重咲きになるもの、蕾のままほとんど開かないものなどがあります。

桔梗の根にはサポニンが多く含まれており、生薬として利用されています。

サポニンには、痰や咳を抑制する効果があることが知られています。

そのため、去痰剤と使用されるほか、気管支炎などの喉の症状に効果があります。

ほかには、排膿作用があるため化膿性疾患などにも用いられています。

また、鎮静作用などもあるとされ、腫れ物や肺炎、中耳炎、歯痛や歯槽膿漏の薬などにも配合されています。

桔梗は呼吸器疾患の要薬として知られており、ほかの薬剤の効果を身体の病変部に運ぶ働きがあるとされています。

しかし、過剰に摂取すると、赤血球の膜が溶けてしまう溶血作用や吐き気を引き起こしてしまう作用もあるため、用法容量を守ることが大切です。

 

生薬 桔梗(キキョウ)の副作用

生薬桔梗(キキョウ)には、高血糖の改善作用・気道分泌促進作用・脂質代謝改善作用・去痰作用・抗潰瘍作用・抗炎症作用・鎮痛作用・記憶障害改善作用等があり、漢方薬の排膿散及湯・排膿散・五積散・十味敗毒湯・桔梗湯・参蘇飲などに使われます。

しかし、生薬桔梗にも副作用があります。

生薬桔梗は腸粘膜に対して刺激性を持ち、咽喉腫痛・下痢・腹痛などに用いられるため、胃潰瘍や吐血、症状の激しい胃炎などがある場合は服用せず、痩せていて体の衰弱が著しい場合は、連用・多用を避けた方がよいです。