生薬 乾姜(カンキョウ)の効果効能と副作用

生薬 乾姜(カンキョウ)の効果効能

乾姜(カンキョウ)とは、生姜の根茎の表皮を取り、蒸して乾燥させた生薬のことをいいます。

生姜は、ショウガ科の多年草で、香辛料や食材、生薬として利用されます。

身体を温めて、新陳代謝を高める効能があり、主成分であるジンギベロールは血小板の凝集を妨げて、軟骨を壊す酵素の生成を抑制する効果もあるとされています。

そのほか、ショウガオールやジンゲロン、シネオールやピネンなどの辛み成分やフィランドレン、ジンギベレンやセスキテルペン、シトラネオールなどの成分が含まれており、これらの成分は血行を促進したり、吐き気を抑えたり、咳を鎮めて、胃腸の機能低下を予防したりするなどの効能があります。

漢方薬として、小青竜湯や人参湯などにも使われますが、日常で使う場合には粉末したものを小さじ一杯ほどを水やぬるま湯で服用したり、チンピと一緒に煎じて服用すれば風邪予防などの効果があり、牛乳やスープに混ぜる、料理に使用するなどの利用法もできます。

 

生薬 乾姜(カンキョウ)の副作用

乾姜(カンキョウ)とはショウガ科ショウガの根茎を蒸して乾燥した漢方の生薬です。

身体を温め、新陳代謝を高める作用があり、食欲増進、発汗、胃腸の冷えによる機能障害に効能があります。

主成分はジンギベロールで、血小板の凝集を妨げ、軟骨破壊酵素の生成を抑制する効果もあります。

インドや中国では紀元前から保存食や医薬品として使用されてきました。

漢方では他の生薬の副作用を和らげる効能があるとされていますが、胃腸の弱い人が乾姜(カンキョウ)を摂取しすぎると腹痛や下痢、嘔吐などの副作用を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。