ツムラ501 紫雲膏(シウンコウ)の効果効能と副作用

ツムラ501 紫雲膏(シウンコウ)の効果効能

古くから中国に伝わる漢方薬には、お湯に溶かして飲むタイプの他にも塗り薬もあります。

紫雲膏(シウンコウ)という漢方薬をご存知でしょうか。

紫色で少し特有の匂いがあるお薬です。

多くの漢方薬を製造、販売しているツムラでも取り扱っています。

紫雲膏(シウンコウ)は、元々はムラサキ(紫)の成分で生成されていたのですが、ムラサキが絶滅危惧にある植物なので、現在はセイヨウムラサキで代用されています。

特に、冬場になるとあかぎれやしもやけ、ひび割れを起こしやすくなります。

このような症状に働きかける漢方薬です。

抗菌、抗炎作用があり、1日に数回患部に直接湿布するか、ガーゼや脱脂綿に湿布したのを患部に貼るとい使い方が一般的です。

保湿成分があるので、冬場に水仕事をする方や、主婦の方に喜ばれる製品です。

また、医療機関では肛門裂傷の治療薬としても使われているお薬で、幅広い皮膚のトラブルに効果が期待されています。

お薬ですので、特に小さなお子様のいる家庭では誤飲に気をつけて保管しましょう。

 

ツムラ501 紫雲膏(シウンコウ)の副作用

ツムラの紫雲膏(シウンコウ)は、漢方薬の軟膏で、火傷の炎症や痛みを抑えます。

また、痔の痛みを緩和させ、傷の回復を促進してくれます。

アトピーによる肌荒れにも効果があります。

しかし、紫雲膏(シウンコウ)には副作用としての症状が出る場合がある為、使用の際は注意しなければなりません。

主な副作用として、発しん、かゆみなどの症状が出る場合があります。

症状が出た場合または気になる症状が出た場合は、すぐに使用を中止し医師の診療を受けて下さい。