ツムラ138 桔梗湯(キキョウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ138 桔梗湯(キキョウトウ)の効果効能

ツムラの桔梗湯(キキョウトウ)は桔梗と甘草の2種類の生薬が含まれ、桔梗はその主薬であり処方名になっています。

漢方の古典「傷寒論」の処方を元に、日本の漢方経験で調整された抽出エキスを顆粒にして飲みやすくなっています。

桔梗は去痰、排膿作用、甘草は抗炎症作用で炎症 を和らげます。

処方は炎症による咽頭の強い痛み、咳、粘痰、かすれ声などの改善に処方されています。

また、初期・軽症の呼吸器系の炎症全般の消炎・鎮痛薬に用いられます。

発熱がなく、のどの痛みや腫れなどの症状に処方されますが、痰の多いものには適しません。

インフルエンザの予防にも、効果があります。

桔梗湯のエキスは、喉の痛い部分に直接触れることで炎症を鎮める効果を直接発揮します。

効果のある飲み方は、桔梗湯をぬるま湯に溶かして少し口に含みゆっくり飲むと良いです。

うがいをして飲むなど喉に直接あてるように飲むことが重要です。

配合生薬の甘草の主成分グリチルリチンには偽アルドステロン症という副作用があります。

服用期間が長くなるときは要注意ですが、妊娠中や授乳中に処方されても問題の少ない漢方です。

 

ツムラ138 桔梗湯(キキョウトウ)の副作用

ツムラ 桔梗湯(キキョウトウ)は主にのどが腫れたりする扁桃炎や扁桃周囲炎に使われる漢方薬です。

1日に2回服用する漢方薬であり混合生薬の乾燥エキスを含有しています。

添加物としては日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物を含有していることもあって、消化器系の副作用として食欲不振、胃部不快感といった症状が起こることがあります。

そのような症状が出た際には、服用をすぐに中止して医師、薬剤師の先生に相談するようにしてください。