ツムラ137 加味帰脾湯(カミキヒトウ)の効果効能と副作用

ツムラ137 加味帰脾湯(カミキヒトウ)の効果効能

古くから、漢方薬で有名なツムラの加味帰脾湯(カミキヒトウ)という漢方薬があります。

この製品こそ、多くの人に知ってもらいたい漢方薬です。

ストレス社会とも呼ばれる近年、増えているのが鬱や不眠症や精神不安などの精神疾患です。

心身の疲れは、目に見えない陰性症状が多く、悩んでいる人も少なくありませんが、周囲の理解に欠けるのも実態です。

このような症状に効果があるのが加味帰脾湯(カミキヒトウ)です。

その効果は、貧血、血色不良、虚弱体質、不眠、精神不安にも期待できます。

最近では、女性の多くが虚弱体質傾向があると言われています。

また、更年期障害も深刻な問題で若くに発症するケースもみられています。

このような場合にも服用できる漢方薬です。

14種類の生薬が含まれており、さまざまな方に使えます。

漢方薬も、稀に体質にあわない方がおられるので、特に持病のある方や、気になる点がある方は医師に相談してから服用することをお勧めします。

 

ツムラ137 加味帰脾湯(カミキヒトウ)の副作用

ツムラ137加味帰脾湯(カミキヒトウ)は 胃腸を丈夫にして貧血症状を改善する漢方薬です。

食前、食間に服用するのが一般的です。

1日に2回~3回服用する漢方薬で、重い副作用はありませんが人によっては服用時にむかついたり、吐き気を催すこともあり、かえって食欲がなくなることがあります。

次第に慣れてくることが多いですが、そのような症状が出て気になる際には、服用を中止して医師、薬剤師の先生に相談するようにしてください。