ツムラ135 茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ135 茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)の効果効能

ツムラの茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)は、肝臓や胆のうの病気にともなう黄疸、肝硬変症、ネフローゼ、じん麻疹、口内炎に適した漢方薬です。

古くから黄疸の治療に使われてきましたが、自然の草や木からとった生薬で作られており、黄疸に効果があるとされている茵ちん蒿(インチンコウ)と山梔子(サンシシ)、さらに下剤の役割を果たす大黄(ダイオウ)の3種類の生薬から構成されています。

下剤を入れているのは、便通を良くする事で肝性脳症を防ぐとされています。

安全性の高い薬ではありますが、比較的体力がある方に、便秘気味の方に適しています。

逆に体が弱ってる、胃腸が弱い、冷え性、下痢をしている人などにはあまり向いていません。

成人の場合、通常1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に服用するようにします。

顆粒なのでお湯に溶かしてリラックスして飲むようにします。

飲みにくい時は水で流し込むようにして服用しても問題ありません。

 

ツムラ135 茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)の副作用

ツムラ茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)は肝硬変に伴う胆汁鬱滞や黄疸や、腎臓疾患に伴う尿量減少、口が渇くなどの症状を改善するための薬です。

主な副作用として、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢などが報告されています。

この他にも、まれに次のような症状が出る可能性があります。

体がだるくなり、皮膚や白目が黄色くなるという症状は「肝機能障害」の、腹痛・便秘・下痢・腹部膨満などを繰り返す場合は「腸間膜静脈硬化症」の初期症状の可能性があります。

これらの症状に気づいたら、まずは服用を中断して医師または薬剤師に相談してください。