ツムラ134 桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ134 桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)の効果効能

ツムラの桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)には、桂皮(ケイヒ)・芍薬(シャクヤク)・大黄(ダイオウ)・生姜(ショウキョウ)・大棗(タイソウ)・甘草(カンゾウ)が配合された漢方薬です。

この漢方薬は普段から便秘がちな人や腹痛のある方に用いられます。

そのため、普段は下痢や軟便の方が使用する際には注意が必要です。

配合されている生薬の桂皮には胃を丈夫にする効果があり、その他にも発汗や解熱効果もあります。

芍薬には腹痛に効果があり、婦人病にも効果があるとされている生薬です。

大黄は便秘に効果があります。

生姜には桂皮と同じように胃を丈夫にする効果や冷え性などにも効果が期待できる生薬です。

大棗は胃腸に効果のある生薬で、内臓の収縮や緊張を軽減させ痙攣や痛みなどを取り除く効果があります。

甘草は痛みを緩和させる効果があり腹痛による痛みを緩和してくれます。

これらの生薬の力により腹痛の改善、慢性的な便秘などに用いられる漢方薬です。

 

ツムラ134 桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)の副作用

桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)は漢方薬でツムラのエキス顆粒が有名で、比較的体力が低下した人に用いられます。

おなかが張って腹痛がある「便秘」やしぶり腹に用いられます。

しぶり腹は残便感が繰り返し腹痛を伴う便意を催すものです。

桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)の副作用は発疹、発熱、かゆみや腹痛等が報告されています。

尿量が減少したり、顔や手足がむくむようなときは医師の診療を受けるようにしてください。