ツムラ127 麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)の効果効能と副作用

ツムラ127 麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)の効果効能

ツムラの麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)は、発汗作用を利用して、体内に滞っている熱を、体の外へ発散させる効果があります。

放熱後は、体の芯を温めて、痛みなどを沈静化させます。

一般的には、風邪の初期症状に利用される場合が多く、倦怠感や悪寒、ふしぶしの痛み、疼痛などを、出来るだけ早く取り除きます。

また、麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)は、虚弱体質や高齢者といった、体力不足のタイプほど、優しい効き目があり、効果は顕著にあらわれます。

風邪の症状緩和のほかには、気管支を拡張させる働きがあり、呼吸のし辛さや、喘鳴といったものの発生を抑えます。

これは、交感神経を刺激する作用を活用したものになります。よって、西洋医学の喘息薬などと一緒に利用しますと、かえって体への負担が増すこともありますので、医師の指示を仰ぎながら慎重に利用する必要があります。

食前、または食間の服用によって、効果効能が発揮されます。

 

ツムラ127 麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)の副作用

ツムラ127 麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)を服用した事により、起こる副作用には以下のような症状が挙げられます。

胃腸に起こる副作用としては、胃の不快感や食欲不振、下痢などです。

動悸や眠れない、イライラ感や尿が出にくくなる、汗が異常に発汗すると言った症状も、この漢方で起こる副作用です。

この他にも皮膚に赤みや発疹、かゆみといった症状が、現れるケースもあります。

このような副作用が出た場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。