ツムラ124 川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)の効果効能と副作用

ツムラ124 川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)の効果効能

ツムラ124と言う漢方薬は川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)と呼ばれるもので、頭痛に効果が有ると言われています。

川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)は川芎を初め、羌活や白芷などの頭痛に対する止痛効果を持つ成分、血流を補助する事で止痛効果を発揮すると言う杏附子、頭部の不快感を軽減してくれる効果を持つ薄荷、解熱鎮痛効果を持つと言う荊芥や防風などの成分で構成されています。

風邪を引いた時や初期の感冒の頭痛や偏頭痛などに効果が有ると言われており、パーキンソン病などにも利用されている漢方薬です。

尚、顔面神経痛や鼻詰まりなどにも効果有ると言われており、痛みと炎症を抑えるなどの特徴を持ちます。

服用の仕方は、1日3回、食前に1パックを服用し、服用する時は100mlほどのお湯を使って溶かしてから服用する事で効果を高めることが出来る言います。

尚、服用する期間と言うのは、急性疾患の場合は症状が続く間服用をし、慢性疾患の場合は2か月から3ヶ月以上を目安に服用すると良いと言います。

 

ツムラ124 川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)の副作用

ツムラ124 川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)を摂取した事により、起こりうる副作用があります。

軽い副作用の場合は、胃の不快感や食欲不振に、下痢などです。

また、皮膚に赤みや発疹、かゆみが出るケースもあるようです。

ただ、まれに重い副作用の偽アルドステロン症が、現れるケースもあるので、その点は注意が必要となっています。

偽アルドステロン症は初期の場合、体のだるさや手足のしびれ・痛みなどが起こると言われています。