ツムラ123 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)の効果効能と副作用

ツムラ123 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)の効果効能

ツムラは様々な漢方薬を取り扱っております。

その中でも、当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)の効果について取り上げてみます。

当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)の効果は、体を温めて、痛みを和らげる効果があります。

血行を良くして貧血を改善する効果があります。

具体的には生理痛や下腹部痛の緩和、痔や脱腸の痛みを和らげることに使われます。

冷え性で顔色が悪く、胃腸が弱い方におすすめする漢方薬です。

この漢方薬の成分ですが、「当帰」は血行を良くして貧血を改善して体を温める効果があります。

「桂皮」「芍薬」には、痛みを取る成分があります。

また、体を温める「生姜」や痛みを緩和させる「甘草」が含まれています。

これらを合わせて、痛みや冷え性の改善効果が出るように調合されて服用するようになります。

この漢方薬の元は、小建中湯に「当帰」を合わせたものです。小建中湯は胃腸の弱い方が服用するので、当帰を合わせることによって胃腸の調子を整えて血行や痛みを和らげる効果を発揮するようになります。

 

ツムラ123 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)の副作用

ツムラ123 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)を飲む際に、気を付けたいのが副作用です。

漢方という事もあり、強く副作用が出る事は少ないと言われていますが、中には胃の調子を悪くしたり、食欲不振になるケースもあるようです。

また、場合によっては偽アルドステロン症という、重い副作用を引き起こすと言われています。

偽アルドステロン症の初期症状には、体のだるさや血圧上昇、手足のしびれや痛みなどが出るので、注意しましょう。