ツムラ115 胃苓湯(イレイトウ)の効果効能と副作用

ツムラ115 胃苓湯(イレイトウ)の効果効能

ツムラ胃苓湯(イレイトウ)は漢方薬です。

漢方薬は中国で生まれたもので歴史は古く2千年以上も前になります。

日本にも古くから伝わってきたものです。

漢方の特徴は体全体の調子をみて治療していくものですので、西洋医学とは対照的です。

胃苓湯は食あたり、下痢、嘔吐、腹痛などの改善に効果があります。

漢方薬は自然の草木からとった生薬の組み合わせでできています。

使用方法は1日の服用量を2~3回に分けて食前、食感にお湯で飲みます。

気持ちの悪い時は水で服用しても構いません。

漢方薬は飲み合わせにも注意が必要ですから、医師の診察を受けている人は使用時に医師に伝えて相談した方がよいでしょう。

少々の副作用があります。

食欲不振や吐き気、かゆみなどが現れる事もありますが慣れると症状は落ち着いてきます。

不快感が続くようでしたら医師に相談をした方がよいです。

病院でも煎じ薬を濃縮乾燥させたエキス剤が使われています。

これはお湯にとかすだけで簡単に服用できるものです。

 

ツムラ115 胃苓湯(イレイトウ)の副作用

ツムラ115 胃苓湯(イレイトウ)は食あたりや嘔吐、腹痛などといったお腹の不具合がある時に使われる薬で、慢性的にこのような症状が起こる場合は食前や食間に飲むと効果的です。

また食事のあとに異変を感じた場合にはその時に飲んでも良いですが、きちんと用量を守らないと、かえって具合を悪くする事に繋がります。

副作用が出るかどうかは個人差がありますが、低カリウム血症や血圧上昇、発疹などを引き起こす場合もありますので、飲んだ後におかしいと感じたらすぐに医療機関を受診するのがお勧めです。