ツムラ103 酸棗仁湯(サンソウニントウ)の効果効能と副作用

ツムラ103 酸棗仁湯(サンソウニントウ)の効果効能

ツムラ103 酸棗仁湯(サンソウニントウ)はおだやかな催眠・鎮静作用があるといわれているサンソウニンをはじめとし、ブクリョウ、センキュウ、チモ、カンゾウなどの生薬が含まれる漢方薬です。

主な効能はイライラを静め気持ちを落ち着かせることで、体力の低下や心身ともに疲労を感じ不眠気味の人の症状改善に期待ができます。

西洋の薬に比べると睡眠促進効果が弱いともいえますが、薬への依存症などの副作用はありません。

飲み方は1日3回、1パックずつ食前にお飲み、1熱湯で溶かして飲むとさらに効果的です。

また服用期間は急性疾患であれば、イライラによる不眠などの症状が続く間だけとなり、慢性疾患の場合は2~3ヶ月以上を目安に服用を続けるのが一般的です。

また芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは偽アルドステロン症の副作用に注意が必要です。

胃腸の調子が悪く、食欲不振や吐き気、嘔吐、下痢などの症状があるときは医師に相談した上での服用をおすすめします。

 

ツムラ103 酸棗仁湯(サンソウニントウ)の副作用

ツムラの酸棗仁湯(サンソウニントウ)は、神経をしずめ寝つきを良くする漢方薬です。

服用により、むかつきや食欲が落ちる副作用が起こることがあります。

しかし次第に慣れてくることが多いようです。

また、西洋薬と比べて依存への心配がありません。

この他に、甘草を含む漢方薬との飲み合わせにより、重い副作用を起こす場合があります。

手足のしびれや力が入らない、だるい、むくむなどの症状があらわれた場合は、服用を止め医師との相談が必要です。