ツムラ102 当帰湯(トウキトウ)の効果効能と副作用

ツムラ102 当帰湯(トウキトウ)の効果効能

当帰湯(トウキトウ)は漢方薬の一種です。

主な作用としては体をあたためる効果があります。

その結果、体の痛みを和らげる効果をもちます。

胸痛や腹痛や神経痛に効くとされています。

冷え性で疲れやすい人に向いている薬と思われます。

ツムラの漢方薬です。

主な成分は当帰であり当帰には血流を改善し体を温める効果があります。

また貧血状態の緩和も期待できます。

その他の成分には痛みを緩和したり胃腸の働きを改善したり腹部の膨満感を和らげる効果をもつ成分が配合されています。

一般的には食前に飲みます。

食欲のないときは食後に服薬する場合もあります。

胃腸の弱い体質の人や下痢を起こしやすい人は注意が必要ですので医師に相談してから服薬する必要があります。

一般的に漢方薬は副作用がおきにくいとされていますが、起きないわけではありませんので服薬してから調子が悪くなったり異変を感じたらすぐに中止し医師の診察を受ける必要があります。

漢方薬どうしでの飲み合わせに注意が必要な場合もあります。

 

ツムラ102 当帰湯(トウキトウ)の副作用

ツムラの当帰湯(トウキトウ)は、体をあたため、痛みをやわらげる作用があり、主に胸痛や胸背痛、肋間神経痛、腹痛などの症状に効果があるとされている薬です。

ただし人によっては、服用時に胃の不快感や食欲不振、吐き気、下痢などの副作用が起こる場合もあります。

また滅多に出ない重篤な副作用としては、だるさや血圧上昇、手足のしびれ、ふるえなdの症状が現れる「偽アルドステロン症」を引き起こす事もあります。

他の薬とともに長期併用する場合は注意が必要です。