ツムラ5 安中散(アンチュウサン)の効果効能と副作用

ツムラ5 安中散(アンチュウサン)の効果効能

飲み過ぎや食べ過ぎでお腹が痛くなったり、胃もたれを起こすことがあります。

また、胃腸の弱い体質の人はお腹の不調を訴えやすく、胃腸の状態にはいつも気を配っておかないといけません。

昔からそのような患者さんには安中散(アンチュウサン)がよく処方されていました。

安中散の「中」という字自体に胃腸を表していることからもわかるようにこの漢方は胃腸薬です。

安中散(アンチュウサン)は、食後に不快な気分を与えやすい胸焼けや胃もたれ、キリキリとした辛い胃痛などの症状に効果があります。

また、胃痛などの辛い症状以外でも、体調不良などで食欲がない場合に食欲を増進させる効果もあります。

一般的に冷え性の人や、体の線が細くやせ気味の人や体力の少ない人への治療に相性がいいとされています。

該当している人で胃腸の悩みがある人は服用してみるといいですね。

ツムラでは安中散エキスを抽出して顆粒タイプにしているので漢方が苦手な人でも安心ですね。

 

ツムラ5 安中散(アンチュウサン)の副作用

ツムラの乙字湯(オツジトウ)は漢方薬ですが副作用が出ることもあります。

皮膚では発疹、発赤、かゆみなど、消化器系では吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛を伴う下痢、腹痛などです。

またごくまれにですが、重篤な症状が出ることもあります。

例えば間質性肺炎ですが、息切れ、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりします。

また偽アルドステロン症といって、手足に痺れやつっぱり脱力感が現れる場合があります。

他に、肝機能障害の症状が出ることもあります。