ツムラ95 五虎湯(ゴコトウ)の効果効能と副作用

ツムラ95 五虎湯(ゴコトウ)の効果効能

近年、アレルギーを持つ人の割合が増えているのをご存知でしょうか。

中でも、気管支喘息は小児だけでなく、成人してから発症する人も少なくありません。

そんな人々に使われている薬の1つにツムラの漢方薬があります。

五虎湯(ゴコトウ)と言って、古くから咳や気管支喘息の治療薬として使われています。

五虎湯(ゴコトウ)は、5種類の生薬の組み合わせでできており、気管支を広げ、痰を出しやすくして呼吸を楽にします。

漢方薬は、通常であれば食前や食間にお湯、または水で飲むのが一般的ですが、この漢方薬は発作が出たときに頓服することもあります。

体が酷く弱っている方や胃腸の悪い方には不向きなので、注意が必要です。

漢方薬は臨床実験で安全性について認められておりますが、稀に副作用が起こることがあります。

動悸、吐き気、嘔吐、めまい等、気になる症状は医師に相談する必要があります。

また、これに限らず、持病のある方は医師や薬剤師に相談し、より安全に服用することをお勧めします。

 

ツムラ95 五虎湯(ゴコトウ)の副作用

日本でも脚光を浴びている、中国由来の漢方薬には、ツムラの五虎湯(ゴコトウ)というものがあります。

これは、気管支炎や咳の酷い方に効果がある薬です。

気管支を拡張し、痰を出やすくすることで、呼吸を助けます。

五虎湯(ゴコトウ)は、5種類の生薬で構成されています。

漢方薬も稀に副作用の出る方がいます。

全ての方に当てはまるわけではありませんが、動悸やめまい、吐き気など変わった症状がある場合は、医師に相談することが大切です。