ツムラ90 清肺湯(セイハイトウ)の効果効能と副作用

ツムラ90 清肺湯(セイハイトウ)の効果効能

ツムラの清肺湯(セイハイトウ)は、のどや気管の炎症をやわらげ、粘り気のある痰を出しやすくして咳をしずめる作用があります。

喉の痛みやイガイガ感、さらには症状が長びいて、体力が低下しているときに向いている漢方薬です。

清肺湯(セイハイトウ)は、麦門冬・天門冬・杏仁・桔梗・貝母・桑白皮・陳皮など鎮咳・去痰作用のある生薬が多く配合されています。

また炎症を冷ます黄ごんと梔子、血行を良くして体をあたためる当帰、体の水分循環を良くして気分を落ち着かせる茯苓などが配合されており、全部で16種類の生薬が組み合わさる事で、体により良い作用をもたらします。

通常、成人の場合、1日9.0gを2~3回に分割し、食前又は食間に服用するようにします。

顆粒タイプなのでお湯に溶かして、ゆったりとリラックスした気分で飲むようにします。

安全な薬ですが、持病のために、甘草を含む他の漢方薬や利尿薬を服用している場合は、医師に伝えておく事が大切です。

ツムラ90 清肺湯(セイハイトウ)の副作用

ツムラ90 清肺湯(セイハイトウ)の副作用として、まれに発疹やかゆみやじんましんや食欲不振や胃部不快感や下痢などの症状が初期に起こる可能性があります。

また、から咳や息苦しさや発熱を感じることがあります。

万が一ということがありますのでこのような症状が起きたときは、医師や薬剤師にただちに相談してください。

自己判断をせずに、漢方薬でも薬ですので用法を守って少しでもおかしいときは、専門家の指示を仰いでください。